私の日時計日記 令和4年5月


お地蔵さんありがとう!
吉川たか子さん

合掌ありがとうございます。
我が家の裏手にお地蔵さんが、三体鎮座しています。百年以上それ以上も前から、ここにずっと鎮座していたと思うのですが、今まで気にも止めないでいました。心の目が 開いてないと近くにあっても、見えないのですね。顔は少し風化していて、あまりにも古く、周りの方々に聞いても、何のいわれで、どんな思いで建てられたのかわからない状態です。五、六年前何となく気になりだし、お正月によだれかけを作ってかけてやり、お菓子など供えて、頭をなでながら、子供達、孫達の健康を祈っています。孫達も来ると手を合わせるのが習慣になりました。

我が家の方を向いて合掌しているので、いつも守られている感じがして、やさしい気持ちにしてくれます。目には 見えないけれど、これも生長の家の深きお導きだと感謝しております。

これからは我が家の事だけではなく、地域の皆さんの幸 福も祈っていきたいと思っています。

再拝

カテゴリー: R04_05, 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。