「二重光輪賞受賞」の喜び 若林区 小坂よね子さん


小坂米子さん 左

11 月末とは思えない暖かい青空、金龍湖朱塗 りの不老橋が色あざやかにかかり、色とりどりの 紅葉に、ここがこのまま天国浄土、大勢の人達の晴れ姿、人間神の子をお伝え頂いた。

今日は第34 回の「生長の家秋季大祭」「谷口 雅春大聖師御生誕日記念式典」。天も地もその 喜びを讃えて下さっているような、暖かで和やか な極楽浄土そのものです。そんな所に私がいる んですね、なぜ?私も予定のない二重光輪賞という生長の家最高の賞を頂いたのです。ノイロー ゼ気味の私が、一冊の白鳩誌によって生長の家を知り「人間神の子」尊く偉大で無限の可能性のある存在が本当の人間と知り、罪深い堕胎をしてしまった。

迷いの自分を払拭するのに無我夢中で、白鳩 誌200 部を毎日家庭訪問をしているうちに、自殺するという人や離婚するという人にめぐり会い「罪ほろぼしが人救い」と変わり、我が家の誌友会で足利先生の指導を受け、皆さんの喜びの人生と変わっていったのです。

その喜びは我が家にも降り注がれ、長男教育大学、次男東大、長女フランス留学と、子供達 の希望がそれぞれ叶えられ、現在それぞれ明 るい家庭を築いています。これも生長の家のみ教えあればこそです。これからも、自然体で大 好きな光明化運動を明るく楽しく邁進致します。

再拝合掌

カテゴリー: 白鳩会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=2459