家族大会推進の体験  高橋二三さん


家族大会間近になって、「参加が出来なくなりました」との連絡が続出。最期の確認と連絡に気持ちも重くなり、苦しみに変わりつつありました。それでも開催前日には気を取り直して、いつもの様に参加確認者名簿を手に「実相」額の前に瞑目合掌して祈っておりました。
不参加になった方も仕方なし、次回の講習会にはきっと参加して下さると願い、神想観を。又、聖経読誦では「○○家ご先祖様、どうぞ今後の大会には参加できますよう、背を押して下さいますことを感謝申し上げます」・・・と。
そうしましたらナント、ビックリ!その最中に電話が入りました。
「二人ですけど参加します。行けるようになりました!」
「わぁ嬉しい。今、祈ってたのよ」
「私も、これまでに心動いた自分に驚いているのよ」
なんとも不思議でした。
私達が生きている日常には、様々な事、課題が与えられ、悩みも様々です。行動せずにはいられない愛の発露のあることを考えさせられました。結局のところ、中国旅行を断念して参加して下さった方、山形県に嫁がれた娘さんを誘って親子三人で参加して下さった方等々、感謝感謝です。
望みを明るく光明に転じられた参加促進の体験でした。           再拝

カテゴリー: 家族大会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=296