「練成会」「日曜見真会」に参加して人生が好転 泉区 小山隆子


合掌 ありがとうございます。私は白鳩会の岡澤美佐子さんのご愛念で、数年前から講習会や誌友会に度々出させて頂いておりました。そして、平成19年8月の先祖供養の日に、入信させて頂きました。夫と、息子夫婦の孫(小六男児・年中組女児)との中で、他の人からみた理想像のように見えるのでしょうが、なぜか私の心の中は薄い霧がかかっている感じでした。

初めての参加の練成会。人を赦し、自分も赦す心、浄心行で長い人生の中でのこもごもの心を洗い流して頂き、神想観では左手が凍りつくようなしびれを覚えました。そして、先祖供養の大切さを学び、ようやく先祖供養の大切さに気づかせて頂いたのでございます。本当にようやく辿り着いた安堵の道でした。祈り合いの神想観での、我が力では及ばない愛念を皆さまから与えて頂く実践は、回を重ねる毎に、心から湧き上がる喜びとなって参りました。

話は息子の事になります。息子は以前からベーカリーの仕事に携わっておりまして、「いつかは自分の店を持ちたい」と願っておりました。それまでは「いろいろあるけれど条件が合わないんだよ」と言っておりました。そんな折、祈り合いの神想観で皆さまに祈って頂きますと、急転回しまして、今までの仕事を辞め、アルバイトについてもなかなか落ち着かず、やがてアルバイトを辞めて店舗さがしに専念いたしました。その状況が、不思議にも練成会に参加する毎に変わって参りました。学びのお陰で、「ルンペンとなりましても、良きことへのステップ」と心おだやかに待つことができました。「私は今、普遍なる神の内に生き、神の愛にとりまかれ護られているのである」との祈りの中で神の御前に跪き、あたたかな懐に抱かれているような思いで涙を流し帰宅しました。すると、その日「いいお店が見つかったよ」と息子からのうれしい報告がありました。

お陰さまで、昨年の四月に開店し、一周年を前に、テレビの「お取り寄せコーナー」にて紹介して頂きまして、今は皆さんに喜ばれております。これも一重に教化部で新生祈願と光のおとずれの広告を出し、祈って頂いているお陰です。

息子が自ら、天職と喜び携わらせて頂いておりますこと、嫁さんも息子に心を合わせて店を切り廻しております。私達夫婦の生まれ故郷であります信州の郷土料理のニラせんべいを、ナンの中に取り入れてのオリジナル製品がありますが、ご先祖さまが喜んでいる姿が浮かんで参ります。

十一月の、「日曜見真会」で” 喜びのメッセージ” を話しましたら、翌日から「七時半から開ると言って、嫁さんは早めに出掛ける毎日です。

息子達の開店と同時に、楽しみにしていた練成会にはなかなか参加出来なくなりましたが、日曜見真会や、先祖供養などには出来るだけ参加させて頂いております。

練成会に参加する度に、前進々々の兆しが現れること、又、日曜見真会、先祖供養祭等に心を向けさせて頂きますと、殊更に神の御加護を感じさせて頂けるこの頃でございます。「生長の家人」として加えられることが最高の幸せです。ありがとうございした。

再拝

カテゴリー: 日曜見真会, 真理の証し, 神性開発宮城練成会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=345