平成22年 総本山団体参拝練成会に参加して

“総本山団体参拝練成会に参加して”(八木山・中村幸司さん)

◆私にとって、これまでは本山参拝は夢の又 夢。当初から「参加はできない」 と決めていた。しかし今回は何故 か初めから「どうしても参加する」 と決めていた。諸行事では代役をお願いしたり予定を変更したり努力してみた。照準を参加当日に定め、背水の陣をしいて集中そして 実現。やろうと思ってかかれば出 来ることを痛感。
●練成会で感じたこと…
本山に集 う信者さんたちの熱き思い、別世界の高き清まれる集 団。本山で接する人も物も車もかくも厳しく炭素ゼロ 運動に取り組んでいる現実。生き物との共生、異宗教 (イスラム教など)との共栄共存は生長の家だけが実 現可能、と言い切る若き指導者に感銘。
●感激したこと…
奥津城への参拝と七つの燈台巡拝。何よりも紺 碧の青空に満開の桜花が私達を歓迎してくれたこと。 至福の旅を味わうことができました。

“魂の古里 総本山”(若林区・匿名)

◆魂の 古里へ戻った感じがしました。そして人類と地球を救 う御教えの素晴らしさをあらためて感じました。そ して与えられた使命を邁進する力をいただいた思いが しました。自然に親しみながらの練成会を受けさせて いただきありがたかったです。

“ありがたい献労”(若林区・白田悦子さん)

◆満開の桜に迎えられて嬉しく、献労がありがたく楠本行孝総務の講話に感動し、本当の練成会を受けさせていただけてあ りがたかった。八ヶ岳に行く意味が分かり、伝える使命の重 大さを感じました。

“参加して本当に良かった” (気仙沼・竹渕節子さん)

◆誘われて参加して良かった。昔、東京にある本部の谷口雅春大聖師、谷口輝子聖姉(七十代の頃)お出ま しの集まりに参加した時、あ る方が「家族が病気になった が、どうしたらいいですか? 」と質問したら谷口雅春大 聖師が「祈ればいいんです」 と一言だけ言った意味が当時は分からなかったが、今回 参加して分かる様になりまし た。今、我が家は夫婦円満で幸せです。

“主人の優しさに感謝”(M・Mさん)

◆今回2回目の参加をさせて頂きました。平成21年の初参加の時、長年の夢がかなえられ、 感激感激で快く出して来れた主人のことなどすっかり忘れての参加でした。今回浄心行を受けた時から主人の優しい顔が思い出され、長年のわだかまりが消え、感謝の思いで いっぱいになりました。突然に声が聞きたくなり電話をする気持ちになった自分がとても嬉しく、神様に約束しましたように地元の練成にも参加し、一番大切な主人の良き奥様になり、「お前と 結婚してよかった」と言われるようになりたいと願うよ うになっていました。神様ありがとうございます。私 が変わればM家はすべて良しとなる事、間違いない。 神様ありがとうございました。

“その他、喜びの感想”

◆吉田 憲司講師の「献労について」 の講話を聞き「無我献身を生きる」ことの大切さを新 めて認識しました。
◆団参 に参加して身体の底から益々元気になりました。
◆団参 に参加して「自分自身の色々な事が分かりました。」

カテゴリー: 団体参拝錬成会   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=400