光のおとずれ 教化部長 平成24年11月


教化部長 髙坂 幸雄

宮城は伸びる!

「すべては一つのいのち~ 神・自然・人間の大調和のために」 ご講話

去る10月21日(日)、2年に1度の家族大会が 「愛と感謝の大先祖供養祭~すべては一つのいのち」と題して感動、感動の中で開催されました。 当日は天候にも恵まれ、参加者も前日の報告数よりも多く来て下さり、 弁当が足りない事態になりご迷惑をお掛けしましたが、前回成果を上回 る919名のご参加を頂きました。

感動的なオープニングで始まり、喜びのメッセージとして、渡辺ちはる さんの「バブル崩壊と共に突然訪れた借金地獄から、今与えられている恵みに感謝し『幸せだから笑うんじゃない、笑うから幸せなんだ』ずーっと 笑う事が出来なかった私でしたが、今は心から笑う事ができます」と、明 るく起ち上がった体験談、相澤一恵さんの「津波ですべてを失いましたが、 神様ご先祖様に護られていると実感する事ばかりです。今は新築の家も与えられとても幸せです」と、自らも被災しながら人の為に写経したり、誌友会にお誘いしたりの体験談、お二人の話に多くの人は感動の涙を流しま した。

また、白鳩会聖歌隊、相愛会合唱団、生命学園の聖歌合唱は参加者の心をほのぼのとさせるものでした。そして、私の「すべては一つのいのち~ 神・自然・人間の大調和のために」と題した講話の後、共に相愛会員・ 白鳩会員である声楽家、佐藤淳一・明子ご夫妻によるさわやかな音楽の 調べは感動的でした。

午後からの大先祖供養祭も1万4,519柱のみ霊を奉安することが出来ました。今年は特に宇治別格本山に「自然災害物故者慰霊塔」を建立する事が決定し、8月には盂蘭盆供養大祭に際し、自然と人間の大調和する世界実現を誓う「自然災害物故者追悼慰霊祭」が執り行われましたが、この宮城の地においても開催出来たということは誠に意義深い事であります。

東日本大震災で亡くなられたみ霊様をはじめ、永年幹部活動された先輩のみ霊様、参加された方々のご先祖のみ霊様、参加は出来なかったけれど霊牌をお出しになられた諸霊様を真心込めて招霊、供養させて頂きま した。

宮城教区はこれから「どんどん伸びる」という実感のする家族大会でした。
推進して下さった方々、準備から当日まで運営に携わって頂いた方々、 本当にありがとうございました。

さて、11月は大祭の月です。大聖師谷口清超先生は「伸びゆく日々の言葉」の中で次のようにお説き下さっています。

「龍宮住吉本宮に祭祀されてある住吉大神は宇宙絶対の天之御中主神の宇宙浄化の御働きの神である。この大神を祭祀することは、即ち宇宙を浄めて実相の世界を現成せしめることである。神前にささげる吾らの真心は、 大神によって浄化され、神の子・人間の自覚が深まり、その活動が神意に叶うのである。神意に叶うとは、生々と活動することである。昨年より今年は、今年より来年は、より一層飛躍するのである。記録ものび、拠点もふえ、力を増し、伸び、さかえるのであって、その逆ではないのである」

どうぞ、この家族大会に参加された方々、お声をかけたけれど残念な がら参加できなかった方々も含め、ご縁のあった方々を是非誌友会や母親教室等にお誘い下さい。そしてその方々を伴って一緒に練成会等にご参加下さい。きっとみ教えの素晴らしさに感動して、菩薩として無限向上の道 を歩まれる事でしょう。

かくして、宮城教区は県下各地で見真道場(まことをあらわすきよめのにわ)即ち「いのちのゆには」である「誌友会」が開かれる「日本一の信仰集団」となることでしょう。

地下資源に基づく経済発展という人類の生き方を、自然と共に伸びる 生き方へと転換する新たな文明の構築のために、この菩薩拡大の運動に明るく、楽しく、そして力強く邁進致しましょう。

この度の11月の大祭において、永年白鳩会の事務局長を勤めてきた関口洋子副会長に、布教功労賞が授与される事になりました。関口さんのこれまでのご活躍に、心から感謝致しますと同時に、これからも益々お元気でご活躍されますことをお祈り致します。

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=4717