真理の証し 相愛会教区大会 体験談 関東廣志さん


み教えに生かされて マンション管理員を退職
鶴ヶ谷相愛会 関東廣志さん

合掌ありがとうございます。
この度、6月末で12年間勤めたマンショ ン管理員を定年退職しました。12年間無事大過なく終わる事ができたの も皆々様のお陰と感謝いたしております。

私が生長の家に入信したのは、昭和54年次女が誕生した時に心臓に異常がある事がわかり、伯父を通じて生長の家にふれました。今日まで色々な場所で生長の家のみ教えを学んで、実践し、人間神の子 無限力を学ばして頂いています。

今日はマンション管理員(ライフサポー ター)として、日常の中でおこる出来事の中から話をさせていただきます。朝のスタートは春は桜の葉、秋は落葉、ちり取りと箒をもって拾い掃きです。住民の人に「おはようございます」「いってらっしゃい」と声をかけます。そして巡回。日常勤務に入らせ て頂きます。勤務は月~金曜日。午前8時30分~午後5時。隔週土曜日は出勤です。

私が入社した管理会社のフレーズは、「皆様の暮らしをもっとずっと心地良くそれが私達の使命です。」これが私の原点となりまし た。マンションの場所はJR線北仙台駅の近くです。 14階建、97戸、駐車場100台。環境の良いマンションです。管理員と云うと「受付」と「清掃」と思うでしょうが、実際はすごい仕事の量です。

入社した時このマンションは何が問題なのかまとめてみました。①住人さん同士のコ ミュ二ケーションが不足している。②管理会社、管理員の信用信頼がない。③雪が降っても除雪をしない。④エレベーターであって も挨拶しない。私は決意をしました。必要とされる安心していただける管理員を目指そう!と。まず除雪にとり組みました。①雪かき道具を住民の人がわかるような場所に並べ用具を増やしました。②私は早出の出社を心掛けとにかく除雪しました。雪が降れば除雪。12年続けました。③現在は住民の人が協力して除雪。又、除雪機も購入いたしました。

マンションでのトラブルについて少しのべて みます。①ピアノの騒音・ゴミの出し方。 ②子供達の走りまわる音。③ペットの鳴き声・ペットのウンチ。マンション内でのペット のマナー不足。④隣人の話し声、怒鳴り声。 ⑤子供の泣き声、虐待。警察への通報。⑥バルコニーでのたばこ。⑦洗濯機からの水漏れ。⑧火災装置の誤ボタン。⑨よっぱらいの後始末。⑩エレベーター内に灯油をこぼす。 ⑪無断駐車の横行。

マンションはコンプライアンスの遵守。守秘義務の遵守。個人情報の遵守。特に注意するよう管理会社から指導されています。 現状の中で班会、総会に出席したり、トラ ブルを解決していくなかで徐々に信頼関係を築いていくことに努力しました。住民からのトラブル処理はすぐに対応しました。会社でもお客様センター24時間フリーダイヤルも2~3年前にサービスを開始しま した。又、週1回山田さん宅で誌友の渡辺 さんと早朝神想観に通い15年になり、ス トレス解消にもつながっていると思います。

特に性格的に合わない方からの問題提起では管理会社、管理員として大変でした。 こんな時は仕事を開始する前に、管理室で「和解の祈り」を真剣に何回も続けました。 「私は、あなたをゆるしました。あなたも私をゆるしました。私とあなたはとは神において一体です。…」 私の気持ちが前向きになっていく中で解決をしていきました。

孫が一杯いる雰囲気時間がたつにつれ皆様から何気ない挨拶を受けつつ、マンション内が挨拶できる雰囲気に変わりました。子供の不登校、親から何気なく声をかけられ、子供にも声がけしていく内に解決したり、又、医学部に入学した住民の子供が、医者になったら管理人さ んの事を見てあげるとか。

0才の児が12才に。子供達が帰って来たら母親がいなくて管理室で待っていたりした子供も成人式に。受験で合格した子、不合格、全国の大学に入った子、社会人となり東京に就職したり、数えたら切りのないほど立ち会えた事に感謝です。孫が一杯いる雰囲気でした。

東日本大震災のときは、マンション内は電気が消えエレベーターは止まりガスもストップしました。住民さんを雪が降る外に誘導、災害安否確認に階段を登ったり降りたり、体がガク ガクでした。夜は車の中で、避難所は一杯でエ ントラスに行ったり、私も泊まりがけで対応しました。津波の事はラジオで知ったのをおぼえています。マンションの被害も相当にでました

 「関東さんたくさんの愛をありがとう」退職するに当たり、マンションの皆様から5回にわたり送別会をしてもらいました。そして、 「関東さんたくさんの愛をありがとう」と、寄せ書きまでもらいました。本当に感動、感動、 感謝です。私は12年間インフルエンザ、風邪などで休んだ事は一度も何かったですね。マン ションの仕事が天職だったんでしょうか。

最後になりますが、生長の家のきっかけになっ た次女は16才で亡くなり、今年7月11日 で19回忌を迎えます。本当に高級霊だったんだ。私の人生を導いた娘だったんだと思いました。人の思いが人生を作る。まさに心の法則だと思います。私も環境問題を意識し、マンショ ンの中では①エレベーターの照明をLEDに交換を提案しました。②マンション全体を1/2の節電を理事長に提案実施。③私のマイカーをハイブリット車に替えました。

これからは毎日が日曜ですが気持ちだけは生涯現役を続けたいです。 自然と共に伸びるライフスタイルに転換しつつ人類光明化運動に邁進したいと思っています。

カテゴリー: 光のおとずれ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=8097