喜びの聖使命会員 平成27年9月


絶体絶命の窮地に陥り本当の信仰を知りました!
大崎市 小川淑枝さん

合掌ありがとうございます。
私が生長の家に入信しましたのは24年前。仕事の関係で突然多額の負債を抱え、八方塞がりの状態で飛田給の練成会に参加したことがきっかけです。 生長の家は折にふれて伯母より勧められていました が、それまでの私は宗教イコール新興宗教の団体という イメージを持ち、心の弱い人や困ってる人がすがる所だろうと誤解していました。絶体絶命の窮地に陥ったことで、 素直な心でお話しをお聴きし、初めて宗教、信仰の本当の意味を知りました。

「人間は神の子である」「本来円満完全である」そのことに感謝し喜んで生きることを教えて下さるのが、もとの教えである宗教なのですね。

この真理を皆様にお伝えする運動を支え、自らも活躍する聖使命会員の皆様。今、支部の会員の皆様がお互いに祝福讃嘆し祈り合う喜びの輪が少しずつ拡がっています。目の前の人や事に行き届き、1人でも多くの方のお役に立てますように。神様の大いなる御護りに感謝し、 足元の家族が和願、愛語、讃嘆で満たされますように、 皆様と祈りながら進んで行きたいと思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=9718